上島珈琲店「地下鉄三宮駅店」2022年1月28日に閉店、神戸市内では残り2店舗まで減少

神戸発祥の上島珈琲店の「地下鉄三宮駅店」が、2022年1月28日に閉店する。

これにより、神戸市内の上島珈琲店はわずか2店舗まで減少する。

参照 anna https://anna-media.jp/archives/541000

 

なぜ、上島珈琲店は神戸の店舗を削減し、わずか2店舗になるのかを考察してみます。

立地から考察しようと思ったが神戸市内は残りわずか2店舗でサンプル数が少ないので、神戸よりも店舗数が10店舗と多い大阪府内の店舗立地から考察してみます。

大阪府内の上島珈琲店(10店舗)

上島珈琲店 四ツ橋店 大阪市西区
上島珈琲店 新大阪店 大阪市淀川区
上島珈琲店 OAPタワー店 大阪市北区
上島珈琲店 阪急三番街店 大阪市北区
上島珈琲店 黒門市場前店 大阪市中央区
上島珈琲店 大阪証券取引所店 大阪市中央区北浜
上島珈琲店 心斎橋店 大阪市中央区
上島珈琲店 OBP店 大阪市中央区
上島珈琲店 なんばマルイ店 大阪市中央区
上島珈琲店 大阪国際空港店 大阪府豊中市

大阪府内の立地は、ビジネス街、繁華街、空港の3つに分類される。

上島珈琲店のコーヒーは460円~800円と一般的なコーヒーチェーンよりも高価格であり、ビジネスマンや観光客が主な顧客層と思われる。

しかし、神戸は人口が減少、ビジネス街も衰退し、観光客も少なく、高価格帯の販売が不振ということが店舗撤退の理由かもしれない。

神戸市は人口減少しても「上質な市民生活」を目指しているようだが、それは公務員の発想でしかない。民間企業にとてっは人口減少=売上減少であり、店舗は撤退せざるを得ない。

 

兵庫県内の上島珈琲店(4店舗・うち1店舗は閉店予定)

上島珈琲店 地下鉄三宮駅店(2022年1月28日閉店) 神戸市中央区
上島珈琲店 ポートライナー三宮駅店 神戸市中央区
上島珈琲店 神戸空港店 神戸市中央区
上島珈琲店 苦楽園本店 西宮市南越木岩町

2022年1月28日以降、神戸市内では「ポートライナー三宮駅店」「神戸空港店」のみになる。

神戸は観光客やビジネスマンが少ないので、これ以上は店舗を増やしようがない。

また、神戸市は市街地約292haの住宅の容積率を400%に制限しており事実上タワーマンションが建設できない。さらにJR三ノ宮駅の南側22haは住宅を建設することができない。

つまり、神戸市中心街314haという広大な土地にはタワーマンションが事実上建設できないという状態になっている。

そのため、神戸市内の再開発は停滞しており、老朽化したオフィスビルを解体した後は駐車場になることが多い。

これでは、神戸市の目指す「上質な市民生活」は到底無理で、店舗が減少することにより神戸市内の就労人口が減少し、さらなる人口減少を招くという悪循環に陥っているようだ。