神戸三宮阪急ビル(29階建・高さ120m)2021年4月26日開業(テナントに空きがある?)

阪急電鉄は「神戸三宮阪急ビル」(旧 神戸阪急ビル東館)を2021年4月26日に開業した。

建物の規模は、地上29階・高さ約120m・延床面積は28,850㎡で、設計は久米設計、施工は大林組が担当した。(高架下の店舗面積5,500㎡を含めると延床面積は34,350㎡となる)

神戸三宮阪急ビル 概要

名称 神戸三宮阪急ビル(旧 神戸阪急ビル東館)
所在地 神戸市中央区加納町4丁目2番1号
敷地面積 約7,100㎡(駅高架下範囲等を含む)
延床面積 約28,850㎡
容積率 700%、800%(敷地によって容積率が異なる)
高さ 120m
階数 地上29階・地下3階
構造 鉄骨造(S造)・地下部分は鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
設計 久米設計
施工 大林組
開業 2021年4月26日

 

案内板を見る限り、12階が空室になっているかもしれない。15階のANCHOR神戸は神戸市が設置したシェアオフィスだし(運営は株式会社神戸新聞社・有限責任監査法人トーマツ共同事業体)、7階の阪急阪神ONS神戸三宮もシェアオフィスで、民間企業のオフィスが少ない。

神戸のオフィス需要ってかなり少ないのではないか?