キング スカイフロント(川崎)と神戸市の医療産業都市

キング スカイフロント(川崎)と神戸医療産業都市とよく似ていると思ったが、やはり、川崎市の関係者が神戸医療産業都市を視察していたようだ。

その中のひとつ、川崎市議会議員は神戸市の医療産業都市を視察し以下のように自身のHPに掲載している。

「(神戸医療産業都市は)500社が入ってきても200社が出ていく状況で、雇用効果も経済効果も上がっていないというのが実態です。

海外の富豪を迎えて医療を提供する医療ツーリズムとして注目された神戸国際フロンティアメディカルセンターは、生体肝移植手術した10人のうち7人が死亡し大問題となり、約42億円の負債を抱えて倒産しました。

市民のための市民病院がこの構想をバックアップするための中核施設として移設され、市の中心から遠く離れ、津波被害も想定される場所で、地域医療とはかけ離れた実験医療が行われています。」

引用 宗田ひろゆき川崎市議会議員 http://www.muneta-hiroyuki.jp/archives/3338